トップページ:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 はじめまして、または、こんにちは。「たいややもどき」管理人の鈴木と申します。


 このサイトに訪れた方は、検索エンジンなどからやってきた方がほとんどではないかと思います。そしてそのキーワードはおそらくタイヤに関するものではないでしょうか。
 もともとこのサイトは自動車用タイヤ、それもインチアップという部分を中心に様々な話題を提供して参りました。

 インチアップをすることで車は大きく変わります。動きがよくなったり、そして見た目も大きく変わります。インチアップには様々なメリットがあるのです。
 もしあなたがインチアップについて何も知らなければ、タイヤ専門店やカー用品店といったお店に行ってインチアップの相談をするといいと思います。店員が親切丁寧にインチアップのメリットについて教えてくれるでしょう。すでにインチアップをしている人なら、そのメリットを十分に実感していることでしょう。

 ではデメリットは?
 その店員さんはインチアップのデメリットについて説明してくれますか?

 どんなものでも、車にとってメリットばかりのものなどありません。本当にメリットしかないものならば、自動車メーカーが車を製造する時点で、全ての車をインチアップ済みにするはずです。
 車に限った話ではありませんが、販売の世界では自分の売る商品にとって「いいこと」しか言わない傾向があります。「メリット」に隠れた「デメリット」によって痛い目を見ないようにするには、消費者が賢くなるしかありません。

 私は今まで、タイヤ屋さんではありませんが、自動車関係の仕事をしていました。ですが事情により、この業界から離れることになってしまいました。仕事を通じてリアルタイムに、精度の高い情報が次々と入ってくるような立場ではなくなってしまいましたが、逆に、より消費者の立場になってこのサイトを運営できるようになると思います。
 サイト開設から何年か経ちまして、ページ数もずいぶん増えました。これからも引き続き、タイヤを買う側にとって役に立つ情報をお届けできればと思っております。
 相変わらず難しい話も多くなると思いますが、あなたの大切な時間を割いて読んでいただけるならば、幸いです。