インチアップのメリット > インチアップで車が安全になる!:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 インチアップのメリットのお話の続き。

 普通、車のブレーキはホイールの中に装着されています。ホイールの中に見える円盤状の物体、これがディスク(ローター)で、そのディスクをブレーキパッドで押さえつけます。
 ブレーキというのは摩擦力で車のスピードを落とすという働きをしています。机の上で一生懸命消しゴムをかけると、机が少し暖かくなるのが分かるでしょうか。物に摩擦が起こると熱が発生するのです。
 これが、総重量1.5tにもなる車を止めるためのブレーキとなると、ブレーキ装置の温度は数百℃になることもあります。そしてブレーキを酷使し続けてあまりに温度が高くなりすぎると、ベーパーロック現象や、フェード現象がおこってブレーキ不能になることもあります。
 ホイールが大きくなるとブレーキ周りの空間が大きくなり、空気がたくさん入ってくることでブレーキを冷ましやすくなります。結果、ブレーキ力の向上につながるのです。

 そしてインチアップをした際には、トレッドベースが広がります。トレッドベースとは左右のタイヤの、それぞれの中心から中心までの距離。簡単に言うと、左右タイヤの取り付けの幅。これが広がると車が安定します。
 「気をつけ」の姿勢で立つよりも、「休め」の姿勢の方がふらふらしづらいですよね。


 これらが、一般にいわれている「インチアップのメリット」です。

 さて、このページを読んだだけでいきなりインチアップをしに走るのはまだ早いですよ。当サイトでは、これら各「メリット」について詳しく説明していきます。