タイヤの撓みに隠された謎 > インチアップのもうひとつのメリット:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 インチアップのメリットを片っ端から否定してしまって、ちょっとみなさんがっかりしてしまっているかと思います。
 フォローというわけではないですがここで一つ、あまり広く知られていない、インチアップのもう一つのメリットについてお教えしておきましょう。

 タイヤは丸いものです。当然ですね。ですが実際に車に取り付けると、車の重みで一部分が撓んで(たわんで)しまいます。ですが、インチアップをするとこの撓みが小さくなります。これはインチアップのメリットの話で簡単に説明したことなのですがもう一度。
 タイヤは側面の部分(サイドウォールと呼ばれる部分)が柔らかく作られています。段差などではここがグニャッと変形することで衝撃を緩和して乗り心地を良くしてくれるのです。ところが、インチアップをするとこのサイドウォール部分が短くなってしまいます。サイドウォールの短いタイヤはサイドウォール部が非常に硬く(頑丈に)作ってあります。つまり撓みが少ない。
 先のページ(「インチアップのメリット」→「インチアップで走りの性能が変わる!」、及び「メリットは実はデメリット」→「インチアップをしてもスポーツカーにはならない?」参照)でお話したのは、それが原因でインチアップをした普通の車がスポーツカーになるとかならないとかいうことでした。
 ではもう一つのメリットとは何か。

 車でドライブの途中、タイヤに触ったことはありますか?
 高速道路のサービスエリアなどで、休憩している時にちょっとタイヤに触ってみると、炊きたてのご飯をよそったお茶碗くらいに熱くなっていることがあります。これは別に日があたったからとか、路面が熱くなっているからとか、そういうことではありません。
 タイヤはゴムでできていて、それが一部分常に撓んでいます。タイヤが回転するにつれて撓む部分も回転しています。つまり、車が走っている間、タイヤは変形し続けながら走っているのです。
 ゴムが変形すると内部で摩擦が起きます。ひとかたまりに見えるゴムでも、そのゴムの中でゴムとゴムが擦れ合っているのです。この摩擦による熱は、車の速度が上がれば(タイヤの回転が速くなれば)どんどんと大きくなります。またタイヤ自体のたわみの量が大きければ、やはり大きくなります。逆に言えば、タイヤ自体のたわみを小さくすることができれば、熱の発生を抑えられるのです。

 つまり、インチアップをすると熱が発生しにくい

 タイヤの熱というのはやっかいなもので、適度にタイヤが暖まる分には地面への食い付きが良くなったりして良い影響となるのですが、ある程度を超えると今度は逆に食い付きが悪くなったり、タイヤのゴムを傷めて寿命を早めてしまったり、悪いことが次々と起こるのです。
 速い速度で走る車ほど、タイヤの熱には気を使わなければなりません。インチアップはタイヤの熱対策の一つの手段になります。ヨーロッパの自動車メーカーの車が純正でインチアップしてあることが多いのは、アウトバーンに代表されるような、高速巡行の多いあちらの交通事情によるものなのです。
 ちなみに、タイヤのサイズ表記に速度記号というのがあります。(「タイヤサイズの読み方」及び、「タイヤ資料」→「速度記号一覧」参照)タイヤメーカーのカタログを見てもらえれば分かりますが、扁平率の低いタイヤほど高い速度の記号がついている傾向があります。これもまた、こういった熱に関する理由からなのです。