タイヤの撓みに隠された謎 > 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 インチアップのもう一つのメリットで低扁平タイヤ(ロープロタイヤ)は撓みが少ないという事を書きましたが、それについてもう少し詳しく説明しましょう。

 タイヤのサイドウォールは路面の凹凸などに応じてしなやかに変形します。この撓みの量が大きいタイヤは乗り心地が良く、撓みが小さいタイヤは車の操縦性が良くなります。そして扁平率の低いタイヤほどたわみが小さくなりやすいのです。それは何故でしょうか。

 ラジアルタイヤには、トレッド面にベルトが入っています(詳しくは「タイヤの構造あれこれ」→「ラジアルタイヤの構造」参照)。トレッド面を補強するとともにタイヤの構造を支える「たが」の役目もしているこのベルトが、低扁平タイヤでは幅広で強固なものになります。そのために短いサイドウォールは変形しにくくなり、撓みの小さなタイヤとなるのです。
 また、低扁平のタイヤでは快適性よりも車の操縦性(スポーツ性)を謳った銘柄のタイヤが多く、そういったタイヤでは操縦性を高めるためにゴムの質やタイヤ内部の構造を変更して、タイヤ全体を硬く感じる(剛性感が高いと言います)ように作ってあったりもします。

 市販のタイヤに関しては、ほぼ低扁平タイヤ=乗り心地の悪いタイヤということになります。しかし、作ろうと思えば低扁平で乗り心地の良いタイヤというのも可能なのです。

 タイヤの断面はもともと丸いものです。70や80などの高い扁平率のタイヤを見ると、サイドウォールが緩やかにカーブを描いているのが見て取れます。それと比べると低扁平タイヤは、丸いタイヤを無理矢理いびつに変形させているのが分かります。
 逆に考えれば、低扁平タイヤのカーカスなどに使われているタイヤを構成する材料は、無理な変形にも耐えられる、しなやかな素材を使っているということになります。タイヤの「たが」であるベルトの張りとタイヤの構造の強さ、ゴムやその他の構造と原材料といった要素を上手く調整してやれば、低扁平で乗り心地の良いタイヤというのも可能という理屈がここにできるのです。


 ところで、扁平率55以下のタイヤにはよく、「リムガード」(メーカーにより呼び方はさまざま)がついています。これの役割は、名前からしてホイールのリムを保護するものと思われがちですが、これも本来の目的はサイドウォールの補強なのです。
 たしかに路肩に幅寄せをする時など、縁石にタイヤを擦ってもホイールに傷が付かないようにする効果もあります。しかしもともとは、貧弱な低扁平タイヤのサイドウォールの変形を防ぐ補強材としての役割がその狙いです。

 60扁平や65扁平でもリムガードが付いているタイヤもありますし、50扁平でもリムガードが付いていないタイヤもあります。
 スポーツタイヤで剛性が欲しい銘柄では、さほど低い扁平率でないタイヤでもリムガードでサイドウォールを補強し、逆に乗り心地を良くしたいタイヤは低扁平でもリムガードをつけない。こんなところからも、タイヤ毎に設計の思想の違いがあることが分かりますね。