タイヤと空気の切っても切れない関係 > タイヤに空気が入っていないとどーなる?:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 さてこのサイトでは、インチアップのメリット(と言われていたこと)について、次々と辛口に切り倒してきました。
 あともう一つ、インチアップをする前に、どうしても覚えておきたいことがあります。これはメリットとかデメリットとか、そういうレベルの話ではなく、安全に関わる重要な話。

 タイヤには空気が入っているという話をしましたが、では空気が入っていないとどうなるのか。
 もともと空気無しタイヤとして作られたソリッドタイヤなら問題無い、というより空気を入れることがまず不可能なのですが。
 くだらない御託はさておき、では空気入りタイヤに空気を入れなかったら。タイヤはビードという部分で、内側の空気の力でホイールのリム部分に押し付けられます。ここに十分な空気がないとタイヤがホイールから外れ、車の操作もままならない状態になってしまいます。タイヤも無理に潰された形で引きずられることになるので、あっという間にボロボロとなり、使い物にならなくなってしまいます。
 また、そこまで空気が全く入っていない状態でなくても、空気が少ない状態ではタイヤの形が通常よりもひしゃげて、ちゃんとした形で地面に接しなくなります。こうなると車のコントロールが難しくなり、タイヤが偏磨耗し、燃費にも影響してきます。タイヤの空気圧を管理するということが重要なことなのだと、多少は分かっていただけたでしょうか。
 ちなみに、空気の入れ過ぎもあまり良くありません。あんまりタイヤに空気を入れ過ぎると、燃費は良くなるかもしれませんが、車のコントロールが難しくなり、ブレーキを踏んでも止まりにくい、なんて事も起こりえます。タイヤの偏磨耗も起こるので、やはり何事も適度にというのが重要なのです。

 じゃあどれくらいの空気を入れたらいいのか。適正な空気圧は車によって違います。同じ車でもグレードや履いているタイヤのサイズによっても違います。
 それぞれの車でのメーカー指定空気圧は、自動車の取り扱い説明書に書いてあります。また、説明書を見なくても大抵の車は、運転席のドアを開けたところに指定の空気圧を書いたシールが貼ってあります。一部のヨーロッパ車などの場合では、給油口の蓋の裏側に書いてある場合もあります。

 タイヤの空気はちゃんと入れておいても自然と減っていってしまうものなので、マメな点検が必要です。一ヶ月に一回くらいは見ておきたいですね。
 ちなみに空気圧のチェックはガソリンスタンドでできます。大抵のお店では、空気圧のチェックだけなら無料でやってもらえますよ。


 さてさて、タイヤに空気が足りないと危険だということをご理解頂いたところで、次のページではそれがインチアップとどうつながるのかをお話ししましょう。