タイヤの溝に見るゴムの性質 > 溝のないタイヤはなぜ危ない?:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 タイヤは走り続けていくうちに、だんだんとすり減っていきます。あまりにすり減ったタイヤは、タイヤとしての機能を果たさなくなってしまいます。

 ではなぜ、すり減ったタイヤはダメなのか? 厚いゴムがすり減り過ぎて薄い皮一枚になってしまったら。ちょっとした衝撃でいつ破裂するか分からない状態になってしまっては、それはもちろん使い物になりませんが、まさかそこまでタイヤを使いきる人もいないでしょう。
 それよりずっと前の段階で、タイヤがすり減って表面の溝が無くなってしまうと(タイヤがすり減った結果、相対的に溝が浅くなると)、車の走行に支障をきたすようになり、タイヤの交換が必要になります。

 ではなぜ、タイヤの溝が無くなるとダメなのか。一番大きな理由は、何を差し置いても雨の日

 タイヤのゴムは走行中常に変形して、文字通り路面に「食いついて」性能を発揮するのです。が、ひとたび雨が降るとタイヤと路面の間に雨水が入り込み、ゴムの仕事の邪魔をするのです。タイヤに溝を彫っておくことで、その邪魔者雨水を除去するのですね。
 タイヤと路面との間の水を確実に除去するためには、十分な溝の本数と、十分な溝の深さが必要になります。溝があっても深さが足りないと、その溝から水が「溢れて」、タイヤと路面の間に戻ってきてしまうのです。だから溝のなくなったタイヤは、雨の日にブレーキが効かない、ハンドルを切っても曲がらない、非常に危険なわけです。


 では溝の深さがどれくらいになると危険なのか。
 一般的な乗用車用タイヤでは、新品時の溝の深さは8mm前後となっています。これが半分の4mmを切ったあたりから、雨天時の性能が急に落ちはじめます。さらに溝が減って3mmにもなると、普段より手前からブレーキを踏まないと止まれなかったり、カーブを曲がる時にハンドルを切る量が増えるか、またはスピードをさらに落とさないと曲がらない、といったことを明らかに実感できるようになると思います。実際、残り溝4mm前後でタイヤを交換する人が一番多いようです。

 それでも、まだ溝があるのにもったいないからもう少し使いたい、という意見もあるかと思います。それはそれで構わないのですが、法的な規制が一つあるのを覚えておいてください。タイヤにはスリップサインというものがもうけてあります。タイヤをよく見てみると、溝の中で一部分だけ盛り上がっている場所があるのが分かります。これがスリップサインで、溝の中の他の部分より1.6mm盛り上がっています。タイヤがすり減って残り溝1.6mmになると、スリップサインの場所で溝が途切れるような形になります。ここまでなると「本当に危険だから使うな。」ということで法的にも使用が禁止されてしまいます。