タイヤの溝に見るゴムの性質 > 実は晴れてても必要なタイヤの溝:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 雨が降った時のためにタイヤには溝が必要です。実際、晴れた舗装路の上でしか使われないレース用のタイヤの多くは、溝のないスリックタイヤです。

 ゴムは接する面積が大きいほど摩擦力も大きくなります。摩擦力についての詳しい話は前のページ(「タイヤの溝に見るゴムの性質」→「ゴムの摩擦力の不思議」)をどうぞ。タイヤに溝を刻むことは接地面積を狭くすることでもありますので、大きな摩擦力、グリップを得ようとしたら溝のないタイヤが理想になります。
 では、使い古したタイヤがすり減って完全に溝が無くなってしまえば、今度は晴れの日はグリップが良くなるのでしょうか?
 必ずしもそうとはならない理由があります。


 ゴムには普通の物質にはない、特殊な摩擦力があります。ゴムが変形した時に発生する、元の形に戻ろうとするヒステリシスロスこそがその働きで、ゴムの大きな摩擦力の原因でした。

 さて、では実際の車で使われているタイヤで考えてみると。
 タイヤは最適な摩擦力を発生させるために、当然このヒステリシスロスも計算の上、設計されています。トレッドの厚みは適度なヒステリシスロスが発生するよう計算されて作られていますが、トレッドがすり減ってしまうとタイヤ全体の厚みが変わってきてしまうので、ヒステリシスロスの発生も狂ってきてしまいます。

 結果、すり減って溝のなくなったタイヤでは、確かに接地面積の増大によるグリップ力の向上がありますが、それと同時にヒステリシスロスの低下によるグリップ力の低下があるのです。最終的にトータルでグリップ力が向上するか低下するかは、それは個々のタイヤによって異なります。


 また、溝があることによって、個々のブロック(溝で仕切られたひとかたまりのゴム)の動きが自由になります。
 もしタイヤ全体が、個別に仕切られたブロックというものがなくひとかたまりのゴムだとしたら。一カ所のゴムの変形がタイヤ全体に影響を与えます。タイヤに影響を与えるような外からの力に対して、溝があれば一つのブロックが変形してすむような場合でもタイヤ全体が影響を受けることになるのです。また、逆に路面からの力に対しても、溝がなくタイヤ全体が一体の場合には、ゴムの剛性が強すぎて容易にトレッドゴムは変形しません。ですから、ヒステリシスロスがおこりにくいのです。

 レース用のスリックタイヤというのは、適度な溝によって発生するヒステリシスロスより、あくまで接地面積を広げてグリップを稼ぐ、特殊な性質のゴムを使ったタイヤでのみ、成せる技なのです。