タイヤを支えるホイール > ホイールの性能:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 タイヤばかりでなくホイールも走りの性能に影響を与えます。

 ホイール選びで重要なのは重量強度。特に、走りに影響を与えるのは重量です。簡単に言うと軽い方が良いことになります。

 物を動かそうとするとき、その動かそうとする物が軽ければ軽いほど、慣性が小さいので簡単に動かせます。車が軽ければ、その車を動かそうとするエンジンの負担が小さくなり、それは燃費という形で目に見えるようになります。特にタイヤやホイールなどサスペンション(つまり車を支えるバネ)より下の部分の重量はバネ下重量と呼ばれ、サスペンションより上のボディ部分より、重量が走りに与える影響が大きいと言われています。つまり、車のボディで1kg軽量化するより、ホイールとタイヤで1kg軽量化した方が車の走りが良くなるのです。

 サスペンションはボディを支えますが、同時にタイヤ(とホイール)も支えます。例えばタイヤが段差を乗り越えて飛び跳ねようとするときには、サスペンションはそれを押さえて地面に押し付ける働きをします。そのときには当然、タイヤが軽い方がサスペンションの負担は小さくなります。

 タイヤが軽くなると、車の動きの軽快感、燃費などの形で運転手には体感できますが、実際にはなかなか感じ取れるほどの差はあらわれません。またタイヤの重量の差は、軽い車ほど感じやすくなります。


 ホイールの強度が優れているというのは、例えば衝撃を受けたときにホイールが変形したりしないということ。
 走行中のタイヤが路面の凹凸を乗り越えると、その衝撃はホイールに伝わります。ホイールは車の重量を支えながら路面からの衝撃を受け止め、走行中は常に大きな力がかかっている状態にあります。その中で変形したり割れたりしないか、というのがホイールに求められる強度という性能になります。

 ですが、普通に考えてホイールが曲がるなんていう状況は想像が難しいと思います。なぜそのようなことが起きるのか、ホイールの材料の話なども交えながら次のページで解説しましょう。