タイヤを支えるホイール > アルミの鋳造と鍛造:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 まず最初にアルミニウム(合金)やその他の金属製品には、その製造法(成型法)に種類があります。
 もっとも簡単なのが鋳造(ちゅうぞう)と呼ばれる方法。熱して融けたアルミを型に流し込み、その状態で冷やして固めるという方法です。安価で簡単に製造でき、ホイール製造のコストを抑えられます。また、複雑なホイールのデザインも作りやすいというメリットもあります。
 そしてそれと対照的に語られるのが鍛造(たんぞう)という方法。融けたアルミを型に流し込むまでは同じですが、型の中で固まるまでにプレス機で大きな圧力をかけます。こうすることでアルミ内部の分子構造が変化し、同じアルミでも軽くて強い構造のものができあがるのです。
 鋳造と鍛造の中間的な性格の製造法として半溶融鍛造という方法などもありますが、これも鋳造の一種と考えられます。様々な製法も、大きくは鋳造と鍛造に分けられ、製品の性質もそれぞれの製法の中でだいたい似通ったものになります。
 簡単に言うと、鍛造で作れば軽くてかつ高い強度を持つ、理想的なアルミホイールが作れるということになります。

 しかしやはり製造にコストがかかることは大きなデメリットで、市販品で鍛造のホイールというのは、鋳造のものに比べて圧倒的に少ないのです。

 大きなコストと引き換えにでもホイールを軽くしたいと思うのはどういう車か、それは主にモータースポーツなのです。
 モータースポーツの世界では何よりタイム(速く走ること)が重要ですから、そのためにはコストは気にしません。モータースポーツ用の鍛造ホイールでは普通に軽いだけでは飽き足らずに、強度をギリギリまで落として軽くしてあります。

 さて、では話を市販車に戻して、そのようにギリギリまで強度を落としたホイールを公道で使うとどうなるか。スピードを出した状態で不意に路面の凹凸を踏んでしまったりすると、強度を落としたホイールは耐えられずに曲がったり割れたりすることがあるのです。
 軽くて強いはずの鍛造ホイールですが、現実に販売されている鍛造ホイールは、かなりの割合でモータースポーツ用となっており、強度が低い製品になっています。もちろん強度の低いものばかりでなく、ほどほどの重量と適度な強度を持った製品もありますが。

 いくら鍛造という高度な技術で作られた「良いもの」だと言っても、それが高価でなおかつ実用に耐えないホイールだとしたら、それは一般のユーザーが選ぶべきものではありませんよね。

高価で強度の低いホイール(極端に軽いホイール)は数多く存在します。そして安価で重量の大きなホイールも本当に数多く存在します。しかし中には軽くて強度的にも優れたホイールも存在します。ただ、どの製品がどういう性能を持っているのか(重量が軽い、重い、強度が優れる、劣る)は千差万別で、ここでご紹介することはできません。これからホイールを買おうとなさっている方は、十分に調べてから購入することをお勧めします。