タイヤを支えるホイール > 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 アルミホイールは軽いと言われます。では純正の鉄ホイールと市販品のアルミホイールとどれくらい違うのか、気になりませんか?


 前のページ(「タイヤを支えるホイール」→「アルミの鋳造と鍛造」)の中で触れましたが、多くの鍛造アルミホイールが、強度的にあまり優れていない(もちろん無茶な運転をしない限りそうそう問題は起きませんが)製品になっています。
 では鋳造ホイールはどうなっているのでしょう。

 鋳造のアルミニウム(合金)は、重さ(比重)に対する金属の強度、「比強度」が高くありません。つまり、頑丈にしようとしたら、たくさんの材料を使わなければならないのです。これは重量面では大きなデメリットになります。また、アフターマーケットの製品ではどんな車に装着されるか分かりませんから、どんな車に装着されても平気なだけの強度が必要になります。他にも、走行中にホイールに対しておこる様々な影響を考えて、安全マージンを大きく取る、つまり、万が一のことがあっても大丈夫なだけの強度の余裕を持たせています。
 現実に、鋳造のアルミホイールのほとんどが、アルミの「軽い」という利点を十分には生かしていない、製品になっています。

 それに対して純正でよくついてくる鉄製ホイールはどうなのか。
 鉄は薄くても十分な強度を持っています。それに純正品では、そのホイールが装着される車種で、そのホイールに対してどのような負担がかかるかだけを考えればいいので、ギリギリまで軽くすることが出来ます。

 結果、多くのアルミホイールは純正の鉄ホイールに比べて重量の差がさほどありません。インチアップをした場合ではアルミホイールの方が重くなってしまうこともしばしばです。


 ですが、アルミにホイールにはもう一つ大きなメリットがあります。店頭に並んだ様々なデザインのアルミホイール。これは柔らかいアルミを使うからこそ作れるデザインです。スポークを網の目のような形にしたり、スポークに切れ込みのような筋を入れたり、これらは鉄では不可能なことです。
 こと、ドレスアップという観点では鉄ホイールはなかなか選べません。逆に、そのメリットを生かす必要がないのなら、あえて重たいアルミホイールを選ぶ理由も無いのです。