タイヤを支えるホイール > デザインで変わるホイールの強度と重量:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 アルミホイールには様々なデザインのものがあります。ホイールにはどのようなデザインがあるのかということとデザイン毎の強度や重量に与える影響についてお話しします。

 一番一般的なのが「スポークタイプ」と呼ばれるタイプ。ホイール中心の車両の取り付け部分から外側のリム部にかけて、数本(3〜10本程度)のスポークがあります。スポークの本数とそれぞれの太さを変えることで重量や強度を調節できます。軽量ホイールといえば、まずこのスポークタイプ以外のデザインは存在しません。デザイン面でも、スポークの形状や本数を様々に工夫して、いろいろなデザインが作れます。世の中に出回っているアルミホイールの大半がスポークタイプです。
 上に出した例は先のページ(「タイヤを支えるホイール」→「アルミの鋳造と鍛造」)でお話しした鍛造軽量ホイールです。強度を確保する為に必要な分だけの、スポークの本数と太さがデザインされています。
 もう一枚写真を用意しましたが、こちらはクロスカントリー車両(オフロード走行車両)用のアルミホイールです。オフロードでのハードな走行に耐えるため、スポークをかなり太くして強度を確保しています。さきほどの軽量ホイールとは、同じスポークタイプと言っても全くの別物に見えます。

 次によく見るのが「メッシュタイプ」。メッシュ(網)状のデザインで、細いスポークとでも言うべきものが、多数絡み合ったデザインになっています。非常に人気のあるデザインですが、メッシュのデザインを作るために重量がかさみやすく、その点でスポークタイプに比べて不利になります。例に出したものはスポークタイプの亜種的なデザインになっていますが、さらにこの細いスポークが折り重なるようなデザインのものもあります。

 そして「ディッシュタイプ」。ホイール中心部からリム部にかけてが一枚の大きな円盤状になっています。一枚の円盤に見せた独特のデザインが人気があります。しかしホイール一枚あたりの材料が多くなるために重量面で大きく不利になります。またディッシュタイプは、ディッシュと言っても完全な皿状にはなっておらず、ブレーキの放熱性を考えて少し穴をあけてあるのが普通です。例に出したものは最近の流行のデザインですが、スポークとディッシュの中間的なデザインになっていますね。