タイヤを支えるホイール > ナットの軽量化:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 ホイールナット、あるいはハブボルトナット、クリップナット、という呼び方もありますが、要はホイールを車体に取り付けているアレ、ですね。
 乗用車なら、小さなナットが一つのホイールに4〜6ヶ。一つあたり50g程度の重量(つまり小型乗用車なら一台分で700〜1000g程度)ですが、こんなものも軽量化の対象になります。メーカー純正は鉄製ですが、現在ではアルミ、ジュラルミン(これもアルミ合金ですが)、チタンなどのナットが販売されています。

 まず現実問題として、こんな小さな部品で10gやそこら軽量化した所で、まず走りに影響はありません。ホイールナットのような部品すら軽量化したいのは、やはりモータースポーツ。コンマ何秒を競う世界では、出来ることは何でもしなければなりませんから有効、というより必要です。
 じゃあ、一般ユーザーの乗る乗用車では? いくらバネ下重量が走りに与える影響が大きいと言っても、1t超の鉄の固まりから数百グラムの軽量化をしてみた所で、体感できる性能差は全く無いと言ってよいでしょう。

 ただこれらの軽量ナットはファッション性という点でメリットがあります。一般に使われる軽量ナットの多くはアルミ合金(ジュラルミン含む)ですから、通常は表面にアルマイト加工(メッキと同様の電気による表面酸化処理)がなされています。通常の塗料による塗装とは違った独特の色合いと輝きを持っていますので、ホイールの色とうまくマッチングさせれば見た目の性能がかなり向上します。

 しかし、軽量ナットの使用には注意事項があります。鉄に比べて比強度で大きく優位なアルミ合金ですが、熱膨張率が鉄の2倍前後あります。つまり、何らかの要因で暖められた時に大きく変形するということ。
 ナットを締め込んでタイヤを固定した後にハードな走行をすると、ブレーキからの熱などでアルミ合金製のナットが膨張し、ホイールやハブボルトに食い込みます。こうなると通常の工具で緩めようとしてもびくともしません。そして、ギチギチに食い込んだ後は徐々に温度が下がりますが、通常の温度に戻った時には今度は逆に、食い込んだ反動でナットがわずかに緩んでしまうのです。
 自動車のブレーキというのは、乗用車が一般道を走った時でも300℃もの高温になることがあります。熱で大きく膨張するアルミ合金が、そのような高熱をすぐ近くで繰り返し受ければ、時間の経過とともにナットはどんどんと緩んでいきます。走行中の車からタイヤが外れて… なんていう事故も、他人事ではなくなるかもしれません。
 軽量ナットを使うのなら、定期的な締め直しが絶対必要になるのです。もちろん車を走らせる前、冷間に行います。