何より知るべきはデメリット > タイヤの構造に関わる危険:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 今、インチアップが流行している一番の理由は見た目の変化。走行性能は二の次です。
 カッコいいこと、それもまた重要な車の性能の一つです。しかし、そればかりを重視して他の全てを犠牲にしてしまっては元も子もありません。まずはどのようなデメリットがインチアップの陰にあるのか、それを把握することです。

 低扁平タイヤの乗り心地が悪いのは説明した通り。(詳しくは「タイヤの撓みに隠された謎」→「低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?」参照)短いサイドウォールで乗り心地を確保するのは、不可能ではありませんが難しいことです。乗り心地を確保することはタイヤ構造の強度を落とすことになりやすく、安全面で不安があります。

 タイヤの構造的な問題でもう一つ、空気の問題。重い車を支える為にはそれ相応の量の空気が必要ということは説明してきた通り。よほど無理なインチアップでなければ多少の空気圧アップで話は済みますが、タイヤの負荷能力を全く無視した過激なインチアップは極めて危険です。
 大型RV車の大きなタイヤは重い車を支える為のもの。それを薄っぺらなタイヤにしてしまうのは、まさに百害あって一利無し、というものです。

 また、タイヤが重量に耐える性能というのは、単純に空気の問題だけではなくゴムの品質の問題もあります。大型トラックのタイヤに触ってみると、非常に硬いものであるのが分かります。乗用車用のタイヤは、横から押せば人の手の力でも撓みます。それに対してトラックのタイヤは、同じゴムで出来ているとは思えないほど硬く作られています。
 これがもし、トラックのタイヤも乗用車用タイヤと同じように柔らかなゴムで作られていたら、車の重みに耐えられずにあっという間にすり減ってしまいます。おそらくブレーキもまともに効かないでしょう。

 乗用車と一口に言っても、重量が700kgしかない軽自動車もあるし、2tを超える大型高級車もあります。乗用車用タイヤも、そのタイヤ(にかかると想定された荷重)に応じて個々に設計されています。あまり大きな重量に耐えられないタイヤを超重量の大型車に装着してしまえば、すぐにタイヤはすり減って使い物にならなくなってしまいます。

 無理なインチアップは、タイヤがいつどうなるか分からない危険をはらんでいるのです。