タイヤのメンテナンス > 空気圧の確認をしてみましょう。:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 さてさて、本編では空気圧の重要性を色々と説明してますのでね、そろそろ実際の空気圧の調整の仕方を説明しないといけませんね。

 まず必要なものは、エアゲージ。これだけです。まあ当然ですね。稀に空気入れ口のキャップが固くなっていることがあるので、その時はプライヤーなどを使って外してください。
 さて、エアゲージなんですが、安物だと精度がどーとか言う方もいらっしゃいますが、正直な話、そんなに正確な数値が出なくても構いません。たとえ200kPaを220kPaと表示するエアゲージだとしても、重要なのは毎回同じ数値を出してくれるということ。針が毎回違う場所を指すようでは使い物になりませんが。

 ではエアゲージを用意したところで実際に測ってみます。
 タイヤのエアバルブキャップを取り外したら、エアゲージの口をバルブに押し付けます。まっすぐに当てないとエアが漏れることがあります。ちょっとだけコツがいりますよ。
 そして表示された空気圧を読み取る。

 以上。簡単でしょ?

 ゲージの中に圧力を保持するタイプもあります。こういうタイプでは、一旦バルブに接続するとゲージの中にタイヤと同じ空気圧をキープしてくれるので、タイヤから外してゲージを見ることが出来ます。非常に簡単に圧のチェックができるのです。
 使用する前に、ゲージ内の空気を抜く(パージする)ことを忘れないでください。

 また、個人的なおすすめですが、こういう簡易型タイプもあります。細かい値まで正確に測るのは難しいですが、持ち運びが便利ですし、十分実用に耐えます。
 使い方は、バルブに当てるだけ。すると、お尻からゲージ(目盛付き棒)が飛び出してきますので、ゲージの出てきた長さを読んでください。


 それと、タイヤの空気圧を測る際に気をつけておきたいことが一つあります。窒素の話(「タイヤと空気の微妙な関係」→「窒素が有効活用されている現場」)でも少し触れましたが、空気は暖まると膨張するのです。タイヤは走っているうちに熱を持ちますから(詳しくは「タイヤの撓みに隠された謎」→「インチアップのもう一つのメリット」参照)、走っているうちにタイヤの空気圧が上がってしまうのです。
 タイヤの空気圧を調整するのは、タイヤが冷えた状態で行います。真夏ならできるだけ日陰で、走る前に規定の圧に調整してください。