タイヤのメンテナンス > タイヤのローテーション:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 タイヤは走っているうちにすり減っていきます。そして車のタイヤにはアライメントというものが設定されているので、どうしても不均等な減り方をしてしまいます。前輪と後輪でもタイヤの減り方は違いますし、また常に一人で車に乗っていれば右前のタイヤだけが減ってしまいます。
 このような、タイヤのポジション毎の偏磨耗を抑制するためには、定期的なタイヤローテーションの実施が有効になります。ポジション毎に減りが不均一になるなら、そのポジションを入れ替えてやろうという発想ですね。

 減りをできるだけ均一にしてやるためには前後と同時に左右の位置も入れ替えてしまうのが理想的なのですが(右の図)、回転方向指定のあるタイヤ(詳しくは「タイヤの溝に見るゴムの性質」→「扁平タイヤを雨に強くするには?」参照)の場合は左右を入れ替えてしまうと回転方向が逆になってしまいます。ですので、方向性付きタイヤは前後のみのローテーションにする必要があります。(下の図)
 またラジアルタイヤの場合、タイヤが回転する方向と直角にカーカスが配置されているので走行時の負荷を受けて、走行距離が伸びるとこのカーカスが歪んできます。これをいきなり逆向きに回転するようにしてしまうとカーカスの歪みが極端に大きくなり、タイヤ内部の構造が剥離しやすくなり、最悪バーストの危険性がある、とも言われています。ま、実際にはバーストまでに至ることはそうそうありませんが。
 ということで、理想的なローテーションというのはまず、タイヤに対する負荷の大きい駆動輪を左右の位置を変えずに前(後)へ移動、次に遊輪(駆動輪でないタイヤ)を左右を入れ替えて後(前)へ、という具合にローテーションします。こうすれば4回のローテーションで4本のタイヤがすべてのポジションを経験するので、より均等に減るようにもなります。
 オフロード用車両など、通常のタイヤと同サイズのスペアタイヤが用意されている場合には、スペアタイヤも含めてローテーションをしないと、そのスペアタイヤが使われないままに経年劣化で使い物にならなくなってしまいます。ですので、5本全てをローテーションする入れ替え方をする必要があります。右図はその一例です。