スタッドレスタイヤの仕組みと性能 > タイヤと熱のアツ〜イ関係:たいややもどき
ロゴ

このサイトについて

インチアップって何?

インチアップのメリット
 インチアップで走りの性能が変わる!
 インチアップで車が安全になる!

メリットは実はデメリット
 インチアップをしてもスポーツカーにはならない?
 インチアップをしてもバネ下は軽くならない?
 インチアップをしてもブレーキ力は向上しない?
 インチアップをしても車は安定しない?

タイヤの撓みに隠された謎
 インチアップのもう一つのメリット
 低扁平タイヤだとなぜ乗り心地が悪い?
 インチアップでタイヤが幅広になる理由
 扁平率で変わるタイヤ接地面の形状
 カーブで起こるタイヤの変形
 カーブででタイヤを変形させない!
 タイヤの働きはアライメント次第
 キャンバーにまつわる難しい話
 アライメントを狂わすインチアップ

タイヤと空気の微妙な関係
 タイヤと空気の切っても切れない関係
 空気が入っていないとタイヤはどーなる?
 むやみなインチアップは危険!
 小さなタイヤを大きく使う裏技
 タイヤに窒素を入れる理由って何?
 窒素が有効活用されている現場
 LI値が大きくなるインチアップの場合
 強化タイヤ

タイヤの溝に見るゴムの性質
 溝の無いタイヤはなぜ危ない?
 雨は扁平タイヤの大敵?
 扁平タイヤを雨に強くするには?
 雨でも晴れでも性能の高いタイヤ
 ゴムの摩擦力の不思議
 実は晴れてても必要なタイヤの溝
 タイヤの減り具合を決める三つの要素
 減り方に見えるタイヤの健康状態

タイヤを支えるホイール
 ホイールのサイズ
 ホイールの性能
 アルミの鋳造と鍛造
 軽い鉄ホイールと重いアルミホイール
 デザインで変わるホイールの強度
 ホイールの軽量化
 ナットの軽量化

何より知るべきはデメリット
 タイヤの構造に関わる危険
 車がインチアップでカッコ悪くなる?
 インチアップによる経済性の悪化


その他のタイヤ関連記事

タイヤのメンテナンス
 空気圧の確認をしてみましょう。
 ガソリンスタンドで空気圧をチェック。
 タイヤのローテーション

タイヤの中身はどうなっているか
 タイヤ切ってみました その1
 タイヤ切ってみました その2

スタッドレスタイヤの仕組みと性能
 スタッドレスタイヤとは?
 タイヤと熱のアツ〜イ関係


タイヤ関連知識・資料

タイヤの構造あれこれ
 チューブレスタイヤ
 ラジアルタイヤとバイアスタイヤ
 ラジアルタイヤの構造

タイヤサイズの読み方
 標準的なサイズ表記の読み方
 ZR規格のタイヤ
 扁平率のないタイヤ
 トラック用タイヤ
 その他のタイヤサイズ
 バイクのタイヤサイズ

タイヤ表記・記号など
 速度記号一覧
 タイヤ負荷能力一覧
 タイヤ負荷能力比較

管理人へメール

 スタッドレスタイヤはなぜ雪や氷の上で走れるのか。その点を解説するために、まずゴムと熱の関係について解説します。

 「インチアップのもう一つのメリット」(「タイヤの撓みに隠された謎」→「インチアップのもう一つのメリット」)で少しお話しましたが、ゴムの性能というのは熱に大きく左右されます。

 ゴムは基本的に、熱を加えれば加えるほど柔らかくなります。
 ゴムが柔らかくなるというのは、タイヤの場合では路面の凹凸によく噛み込むようになるということですから、強いグリップを発揮するようになります。

 少し話が逸れますが、モータースポーツでは、強い熱によりゴムが溶けるようにして地面に食いつく、特殊なタイヤを使用していることがあります。このようなタイヤでは、逆にタイヤの温度が下がってしまうと全く地面に食いつかない危険な状態になってしまい、その温度管理が勝負の上でも非常に重要になってきます。
 そのため、スタート前にタイヤウォーマーという器具でタイヤを暖めておいたり、例えば事故等で走行が規制される際にも、わざと車を蛇行させるなどして摩擦熱を発生させ、タイヤの温度を下げないように工夫します。


 さて、話をスタッドレスタイヤに戻します。通常のアスファルトの上の話であれば、レースと同じ、とまではいきませんが、タイヤは摩擦でそれなりに高い温度になります。
 ところがこれが雪や氷の上となると、地面との摩擦がほとんど働かない上に、ゴムが接する相手も場合によっては氷点下という極めて低温の状態です。100℃近くで性能を発揮するレースタイヤが20℃の常温で使い物にならなくなるのと同様に、通常走行で60℃近くになる一般タイヤも、0℃前後という環境は性能を発揮するのに非常に厳しい条件と言えます。

 この厳しい環境で走れるようにするために、スタッドレスタイヤは低温でもしなやかさを失わない、特殊なゴムを使って作られています。
 タイヤを指で触るとはっきり分かるほどスタッドレスタイヤのゴムは柔らかく、それが氷点下でも失われません。


 また話が逸れますが、一般的なタイヤは、道路との摩擦で発生する熱を考慮して、60〜80℃辺りで適正な性能を発揮するように設計されています。日本なら、地域や季節によって変動はありますが、平均的な気温は20℃程度。走り始める前のタイヤは当然この温度になっているはず。ということは、ある程度の距離を走るまでは、タイヤのグリップ力は期待できる状態ではありません。
 最近ではあまり聞きませんが、車を長く大事に乗りたいなら、走らせる前には暖機運転をして十分にエンジンを暖めることが必要と言われます。ですが、本当に車を大事に、安全に乗るためには、エンジンばかりでなく、タイヤやトランスミッションも気にして、走り出しはゆっくり丁寧に動かしてやることが必要です。

 今回は横道が多くなってしまいましたが、次回はスタッドレスタイヤの構造について解説します。